3Rを意識した生活

地球環境を守るためにできること

綺麗な環境を未来に残そう

ゴミを増やすと、焼却した時の有害物質が増えます。 地球環境を悪化させるので、ゴミを減らしてください。 ゴミを減らす取り組みのことを、リデュースと呼んでいます。 何ができるのか、調べてみましょう。 すると意外とたくさんのことが、個人の取り組みでできることがわかります。

資源を繰り返して使うこと

繰り返して使えるものがあれば、再利用してください。 また必要がなくなったものがあれば、すぐに捨てないで他の人に譲るのが良い方法です。 それもリユースに繋がります。 自分は必要ないと思っても、他の人から見れば価値があるものかもしれません。 簡単に捨てないでください。

ゴミは分別しなければいけない

燃えるゴミ、燃えないゴミ、金属類などゴミにはたくさんの種類があります。 何のために分別するのか、疑問に思ったことがある人も多いと思います。 ゴミを分別するのは、資源を再利用するためです。 資源を無駄にしない取り組みの一環なので、ゴミの分別を意識しましょう。

リデュースを心がけよう

3Rとは、リデュース、リユース、リサイクルの3つを指しています。
名前を聞いたことがある人が、多いのではないでしょうか。
リデュースとは、ゴミを増やさない取り組みになります。
ゴミが増えると、処分する時に発生する有害物質が多くなります。
有害物質が増えると、環境を悪化させて森林がなくなってしまいます。
ゴミを増やさない生活を、これから意識してください。
1人1人が意識すると、ゴミの量が格段に変わります。

リユースとは、繰り返してものを使うことを言います。
使い捨てにすると、それだけゴミが増えてしまいます。
洗って再利用できるものは、何回でも使ってください。
最近はマイボトルや、マイ箸を持ち歩く人が増えています。
それも立派なリユースに繋がるので、ペットボトルの飲料を購入するのは控えましょう。
マイボトルにお茶などを入れて持ち歩くことで、経済面にも良い効果が生まれます。
毎日ペットボトル飲料を買っていると、費用が高くなると覚えておきましょう。

リサイクルは、ゴミを捨てる時に分別することです。
ゴミをきちんと分別することで、1か所に集められたあとに再利用できます。
形になっているものが、再び別の製品に生まれ変わることができます。
何でも捨てていると、再利用できるのに焼却されてしまうのでもったいないです。
ゴミの分別は、しっかり守ってください。
今の地球環境を、未来にも残さなければいけません。
その意識を、忘れないでください。