虫歯のメカニズムを知って健康な歯を守る

虫歯とはどのような状態にあるのか

虫歯のメカニズムの基本からご紹介します。
まず虫歯とは何なのでしょう。
虫歯とは簡単にいえば細菌によって歯が病気になった状態を表しています。
体が病気になるのと同じく細菌によって感染症を患っているということなのです。
虫歯という言葉からは、まるで虫が歯に付着して穴をあけているような、そんなイメージを持たれることもあるでしょう。
あながちそのイメージは間違っていないともいえます。
この細菌は、ミュータンス菌と呼ばれる細菌です。
ミュータンス菌は、お砂糖などの糖分が大好きです。
糖を吸収すると、そこから酸を生み出します。
細菌が生み出した酸は、歯の表面を溶かし、これが虫歯となるのです。
歯を溶かすことで虫歯が生じますが、細菌が歯茎に生じた場合が歯周病と呼ばれる症状になります。

虫歯が生まれやすい環境とは

ミュータンス菌が生み出す酸は、歯を溶かし、これが虫歯のメカニズムとなるのですが、人のお口の中では虫歯を予防する環境もあるのです。それが唾液。
唾液は酸によって歯が溶ける脱灰という現象を予防し、再石灰化する力を持っています。しかしそのお口の中の環境が変化すると、唾液が虫歯の酸に対抗できない場合があります。例えば、唾液の量が少ない状態にあること。また、ミュータンス菌の栄養分となる酸が多く存在することです。
唾液の量は、お口の中が乾燥していることで減少します。また食事の後の汚れや歯垢が残っている状態はミュータンス菌が欲しがる栄養分が沢山ある環境です。逆を言えば、虫歯を予防するためには唾液の量を保つため水分補給をマメに行う、唾液の量を増やすマッサージを行うこと。また食後には必ずオーラルケアを行うことが大切なのです。


この
記事を
シェア

TOPへ