虫歯になりやすい人とそうではない人

虫歯が出来やすい人とは

虫歯のメカニズムは、ミュータンス菌という細菌が歯を溶かすことで生じるというところにあります。
つまりこのミュータンス菌を予防すれば、虫歯は生まれないはずなのです。
では何故ミュータンス菌に感染するのか。
実は、人は生まれたばかりの頃にはミュータンス菌を持っていません。
乳幼児の頃は、みんな虫歯の危険にはさらされていない状態にあります。
しかしその後乳歯が生える1歳を過ぎる頃から、ミュータンス菌の感染の可能性が高まります。
しかも、おおむね3歳までの間にミュータンス菌に感染していると、大人になって虫歯になる確率が高まるのです。
この間に感染する原因としては、家族がミュータンス菌に感染していて、それが食事の際に子供に感染させてしまうというのが最も多い原因になっています。

大人になってから改善できるのか

子供の頃にミュータンス菌に感染してしまった場合、大人になっても虫歯が出来やすい環境にあります。
ミュータンス菌は感染した環境から消えることはほとんどありません。
ずっとその環境に居座り、そして他人に感染します。
つまり大人になって虫歯を予防するためにミュータンス菌を完全除去しようと思っても、出来ない可能性の方が高いということです。
ですから、お子さんの虫歯予防を意識されている方は、乳歯の生える段階から感染予防に配慮する必要があります。
また大人になってミュータンス菌を除去できないと、虫歯予防を諦める必要はありません。
ミュータンス菌を元気にさせないこと、細菌が活動的になる環境を意識的に排除することで、例えミュータンス菌に感染した大人のお口でも虫歯を予防することが可能です。


この
記事を
シェア

TOPへ