虫歯を作ってしまうのは時間

虫歯を生む時間

虫歯が生まれるのは、ミュータンス菌が食べ物のカスや歯垢を養分として酸を生み出し、その酸によって歯を溶かすというメカニズムによるものですが、この酸にさらされる時間が長ければ、それだけ虫歯は進行するともいえます。
お口の中ではミュータンス菌等の影響で酸化しても、唾液によって再石灰化が為されお口の中が中性に戻ることで虫歯を予防することができるのですが、お口の中が中性になるには個人差があります。
唾液の量が少なければ、それだけ酸に侵されている時間が長引き、歯は溶かされていくのです。
また食事をすることでも中性になるケースがあります。
しかし、定期的に間食すると、その分汚れや歯垢もたまりやすい環境となるため、これも酸化を促進する時間となってしまうのです。

虫歯を生まない時間をつくる

虫歯を予防するには、この虫歯が生じるメカニズムを活用するのが最適です。
例えば、食事によって酸化が促進されやすい環境にあるのなら、ご自身の唾液で中性になるのを待つのではなくオーラルケアを早めに行います。
実際、歯が溶ける脱灰に長時間さらさないことは様々な歯科衛生環境でも推奨されています。
食後に歯を磨く習慣をつけるなど、意識的なオーラルケアは専門家にも認められた効果だといわれています。
ブラッシングによってミュータンス菌等の栄養となる汚れや歯垢を落とすだけでなく、お口の中が洗浄されることで、唾液が促進されます。
こうして早い段階で脱灰を中性に戻す環境を作ることは、ミュータンス菌の促進を抑え、虫歯が生まれづらい環境を作るのにも効果的なのです。


この
記事を
シェア

TOPへ